FC2ブログ







流れる様に軌跡を描く様に  

下描きにひどく手間がかからなかった。
所要時間1時間もあったかな
昼は毎日ざかざかとこっそり描いているので
おおよそのイメージはもう決まっていたけれど
勝手に手が流れてくれる。
もちろん音楽の影響は多分にあるけどね!

ライブカッティングのお陰か、今回はかなりざっと切れるような気がする
細かくない切り絵もたまにはいい。
今回はかなりのってきたイメージだから、もうこれ以上描き込むのはやめよう!
今日は三時まで切る

ちなみにお盆はお仕事。無休ですの…とほほ

[ 2006/08/16 21:34 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

濃い・恋・来いサタデー♪ 

自力でそこから這い上がるために、人の力を借りた。

不安定な精神状態をなんとかすべく、久々に人間に会いに中心地へ出かけ、できもしないことを引き受けて帰ってきた私はバカだ。本当にバカだ(笑)
Tシャツプロジェクトはそんな不純な動機で参加しました。桐さんJUNさんゴメンナサイ!(笑)でも久々にアナログであそこまで神経を使って細部まで彩色をしたので(切り絵の背景色は滲みの力を借りているので細筆は使わない)漫画家になりたかった頃の新鮮な気持がよみがえりました!(笑)楽しかった!今回の手法はちょっと変わってるので、いつかきっとチカラになる。ありがとうございました!!今週の土曜もFMアップル聴こうっと~!!

そんな感じで土曜は凄かった。
①午前中病院へ行って狭心症の話も聞いた。
あー私は多分両方の家系の病を色々濃縮されて生まれたんだ。(笑)よーしどんと来い!!腹は据わった!!すぐ死に至らない限り、難聴も糖尿も狭心症でも合併症でも何でも来い!(ただまだ死ねないんだ!米もとげないシロネコがウチに一匹いるから!(笑))

②その後紀伊國屋書店で
「来る4/30に紀伊国屋札幌本店で行われる瀧波ユカリ先生の『臨死!!江古田ちゃん(アフタヌーン連載)』一巻発売記念サイン会」の整理券をやっと入手!!(笑)(さりげなく宣伝)すごいぞ瀧波先生!当日は先生にアレをプレゼントに持っていこうかな!むふふ。みんな!ギリギリまだ整理券余ってるらしいから今がチャンスだぞ!!!
あと旦那の「X-FileDVD」と私の「ファイブスター物語⑫」(長かった~)購入。ニュートン今月号買うの忘れた(涙)今月は面白いのに…!

③FMアップルでTシャツ渡し。がっかりされないかめちゃめちゃ不安だった…次の企画もすごいですよ~!

④陽子さんを突然呼び出してお茶につき合って頂きました。
カワイイプリンと更にカワイイババロアがぷるぷるしていたのを二人でつついて食べました☆いやん、旦那ともこんなデートしたことないなあ…(笑)
ずっと、胸に詰まってたモノがとるができた。本当に、お会いできて良かった…お話色々聴いてくださってありがとうございました!!彼岸と此岸をいったり来たりしていた気持が、少し落ち着いた。なかなか他の人には言いたくなかった。
それから知識不足だったこと、また色々教えてもらいました。
社会的な本当の差別をなくすためには、自分だけが「偏見なんてない」振りをしていてはいけないのだ。
ヘテロセクシャル側の人間だからこそ(はて、純なヘテロとはいいがたいのかも知れないが)、賛同することで同じヘテロの人達の偏見をなくすことができるのかも知れない、と余り大げさでない程度に私は考えているのですが…。
やはり、パレードのために一作作りたい。



タイトルは今勝手に思いついた。
濃密な土曜にふさわしい安っぽい歌謡曲のタイトルみたいなフレーズだなあ。どっかで聴いたことのあるラジオ番組のタイトルのようだ(笑)


[ 2006/04/25 01:39 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

noise 

今の職場は比較的神経を使わなくて済むから。それなりに同僚とも話をするし、お昼も雑談しながら、くだらない話も気にせず笑い会える。
でも、昼食後の30分だけは私だけの時間にする。
色々な雑音は、ほんとは好きじゃないから。

毎日手帳にザカザカ絵を描いてる。
何度も何度も黒く塗りつぶしたり。
黒のもっと向こうに、もっと真の黒が、何かがあるような気がして。

昔いた在る職場では、それが気に入らなかったらしく女14人から軽いいじめにあった。
高校の時は黒板に「おたくはでていけ」と大きく殴り書きもされたりした。

今の職場は誰も気にしない。それがいちばんうれしい。
描いてないと、気持ちが落ち着かないんだ。
自分らしく在りたいから。
何も隠すことなんてないんだ。

113639803_235.jpg

[ 2006/04/06 22:48 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

切了 

まじめに目が回っていたができた。
新作は4点。切り終わり。
日曜は仕上げ。(もうあけとるがな…)
あとパネル作って…梱包すれば…
これで搬入の目処が立つ…。
いや、まだ安心できない。
月曜は終業後ダッシュで帰宅しないとヤマトの集荷に間に合わなくなる。5時半に終わって着替えて10分、5時50分までに家にいなければ!!
そして頼むからフローモーションに届くまでに大雪にならんでください。
あとカッティングの日も無事日曜中に札幌に帰られますように、晴れてください(笑)これ以上休んだらホントに首になる。
ああ、なんてせっぱ詰まった行動だろうか…泣きそうだ(笑)
要領が悪いなんてかわいいもんじゃねえ、だらしないんだわたしが!!!!(笑)
会期中は、他札幌でのライブカッティングでの成果を3点程、メインの連作等を展示予定です。

どうでも良いんだけど後半切りながら久々にあっちゃんの「予感」を聴いていたらぼろぼろ涙がこぼれて泣きながら切っていた私。この曲色々とシンクロするから辛い。素面で聴けない。
その前はVELVET EDEN「人形娼館」でゾクゾクして切っていた、ちょっとさあ、ワタシ壊れてきたアルよ。


目処がついたら早く人形屋佐吉へ行きたいの。
ここ1週間とあけず通っている。
やばい。
あの店に潜む魔性にとりつかれた。
市松人形が私を見ている。
53万のビスクドールがこっちを見ている。
ルナマリアが私を誘う。
ひーーーーーーーー。

佐吉に行くためにがんばれ。112_1296.jpg

[ 2006/01/22 03:49 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

ゆっくり寝かせておくれ 

仕事納めでした。
明日からしばし頭を切り替え、年明けの帯広での展示に向けて少し助走をつける。
日程もそろそろ煮詰まってきた。


さて、ちょっとエンジンをかけるために、ピリピリ過敏モードで年を越すかな。

明日は手始めにラジオの収録があります。
なんでか我が家でやることになっている。
このアーティスト宅に全く似つかわしくない、生活感あふれるこの我が家で。
玄関にある玉ねぎ10㌔ネット、じゃがいもの箱、変なぬいぐるみ、冷蔵庫にくっついてるフライングラッコ、ゴミ箱代わりにしている「ビックマン」のダンボール箱にはスーパーの袋。
見られると恥ずかしい物が多すぎるので明日は年越しとはあまり関係ない大掃除をせねばならない。

私の中で年末正直よけいな仕事
→旦那のX-FileDVD購入
→旦那の弁当

他にも種種雑多にやることがありすぎる。
年賀状もまだ未完。
31日釧路帰省まで、忙しすぎて目が回る。

どうでもいいけどウチに来る新聞屋はいつも私が帰ってきた直後に集金にくる。
近くで張り込んでいるとしか思えない。
[ 2005/12/28 23:19 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(1)

この期に及んで年賀状 

年賀状は昔から市販のものは使いたくないと言うへんな縛りが自分の中にある(笑)
学生時代は100枚近くの年賀を一人一人違う絵柄で手書きで書いていた!(笑)
あの子は星矢がすきだから、あの子はC翼が好きだから、あの子はコレが好きだから…親戚の類には無難な絵柄で…などなど。
全く無意味な努力!!!

さらに今も作っている!(笑)
しかもまた親戚の類用の普通のバージョンと切り絵バージョンだ!!!
流石に昔みたいに一枚一枚は無理だし、パソコンで描いちゃったらあとはプリントするだけだから楽だ。(切り絵は下絵を切るけれど)昔ほど枚数もない。
印刷業界に入ったお陰でひどい苦労もしたが(笑)グラフィックのグの字くらいは覚えた(つもり)ので、今はイラストレーターで作ることが多い。
楽だなあ~でもワシの場合ペンで描いてんじゃなくてアンテナ引っ張ってベジエ曲線で描いてんだけどさ…(笑)
ペンタブはもう一生使うことないだろう…ワシには無理じゃあああ


さあまじめにやる。
もう一ふんばり。いや五ふんばりくらい…

画像は友人達は実は見たことがない幻の別バージョン年賀状(2003年版)2003.jpg

[ 2005/12/27 02:00 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

何時か咲け。夢の花。 

土曜、札幌に来てやっと巡り会ったと言うくらい、それぐらい良い出会いをできたかも知れない。
内心、こちらに来ていくら何をやっても、相変わらず、全く何も進展しない自分のふがいなさに辟易し、新たな壁に突き当たっていた。
いくつか色々やってみたり、話してみたりしたけれど。
まだ何かが違う。
この違和感は何だ?
私に今足らない物は何なのだ?
この、しばらく感じていた閉塞感のような物が、新しい出会いによって少し払拭された気がした。
それが一時の出会いであるにしても。
やれるのかもしれない、そんな気にさせてもらえた。

ただ、私は他人の言うことを信用しない。
どんなに作品を誉められても、正直全くと言っていいほど信用しない。できない。
勘ぐる。
裏を読む。
常にいつもネガティブな考え方をしてしまう私は、かなり損な性格だなとも思う。
作品を誉めてくれたり、私を高く買ってくれて色んな言葉を投げかけてもらっても、何にも嬉しくないのだ。
それどころか、疑念ばかりが膨らんでゆく。(むしろ批判などはまともに受け取ってしまう。)
『社交辞令ありがとう。
気を遣ってくれてゴメンね。
私を持ち上げても何も出てこないわよ。
踏み台にすらなりゃしないわよ。
もし本心だとしたら、アナタはもっとすごいものをまだ他に知らないのね。………』
例えばもし、私が有名になったとしても、私はそういう風にしか受け取れないのだろう…。



なのに。
帰りに寄ったあるデパートでの出来事が不思議と私に自信をつけた。
ふと立ち寄った惣菜コーナー。
今日のおかずにチョット手抜きして買っていこうと一品買った所、売り子のおばさんが言った。
「あら~!ちょっと良い絵ね!よくこんな良い絵を見つけくるわね~!」と。
どうやら、どこかで買ってきた絵だと思ったようだ…。
私は実は自分で作った切り絵だと言うことを告げた。
おばさんはかなり驚いた様子で、自分は絵を見るのが好きなのだと色々と話してくれた。
「結婚式とかお祝いとかにいいわね!売ればいいじゃないの!!」
…一応売ってはいるのだけれど、そこまでは言わなかった…。
何処かで見かけたら、宜しくお願いしますね、と告げて、私は暇つぶしに切り絵を作ってる主婦のようなそぶりでその場をあとにした。

作品に言葉をくれる人は、大抵私を知っている人だったり、掲示板の書き込み挨拶に来る人だったりするが、だいたいヘボイ絵だなあと思っても、わざわざ面と向かって言うはずはない。
だから私は言葉を信用しなかった。


「私」という人を知らない人が、道ばたに落ちていた同然の誰が描いたかもわからない絵を素直によいと思ってくれたのが、よく分かった。

あんな小さな出来事なのに。
今まで作ってきて、最も勇気をくれた出来事かも知れない…。




そのせいでつい財布がゆるんでタラコ多めに買っちゃったけどね(笑)
[ 2005/11/15 00:15 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

改めて、感謝の言葉を 

そう言ってもらえるだけで。
私は踏みとどまることができる。
確認することができる。

いつまでも、どこまでも自分に自信を持てないから
時々分からなくなるのだけれど

そう言ってもらえるだけで。

もうすこし、作っていてもいいですか?と

問うてしまうのだ。
[ 2005/10/04 01:43 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

10年目の洗礼、そして再考 

7月16日、OLD主催の3ヶ月連続企画ライブの第一弾に、予定が開いたので急遽参加して参りました。
内容はライブなのですが、ライブハウスの中にそれぞれ壁側にスペースが用意され、そこでアーティストは展示すると言うわけです。

私は札幌での初めての展示、突然のことと言うことで旧作を5点、額装ができないとのこともあり、とりあえず1点は大きな物なのでフレームをしたままかけてもらって4点は裸の状態で壁に両面テープで貼る、という手法をとりました。

今更何を言っても言い訳だ。
今回は私自身展示は失敗だったと考えている。
初めてのこととはいえ、私は多くの作戦間違いをした。
これまで、釧路や帯広で、ひっそりと展示を行ってきたが、いくら興味がないひとでも、ある程度足を止めて見る位の力が、自分の作った物にはあると思っていた。
全く自信過剰だ。
今更ながら、小さな世界しか私は知らなすぎる。
これほどノーリアクションだったことは、10年やって来た中で始めてのことだったのだ。
他のアーティストは、ポストカードを多く持参したりストラップを販売したり、とにかく積極的だった。
客もそのデザインの良さ、可愛さ、作家との会話を楽しんでいた。
私はといえば、売り物は全く持たず、作品だけで勝負しようとした。
この時点で負けだった。
展示スペースも、最後尾の壁でライトも当たらず、切り絵らしさを見る側に伝えることもできず元から飾ってあった鑑賞用の絵とカンチガイされているようで、見向きもされることもなかった。
しかも、そのアーティスト達は20代前半、若しくは20代。
私はと言えばもう齢30にもなり、結婚までもしている。
恥ずかしげもなく私は言ってしまう。
それは屈辱的で、とても惨めだったのだ。
初めての土地で、始めに受けた洗礼だった。

良い意味でも悪い意味でも、私はもう10年も続けてきてしまった。
本当はそろそろフォロワーを育てることができる、人に伝えられるほどの力がなければダメなのだ。
いい加減「見てもらえないのは他の人より才能がないから」なんて考え方はもうしている場合じゃない。(よしんばそうだとしてもだ)
「好きでやっている」時期はもう通り越して、あちこちで言葉を発してきた以上責任を持たねばならない、もうそんな時期なんだ。

まず、反省点は色々考えられる。
客層はほとんどライブを見に来ているのだから、もっとポップでキャッチーなモノでないと受けが悪いのは当然だ。
また客の所有欲を満たすために、安価な商品を売るのも手だ。
「音楽とアートを楽しむ」というテーマに沿うには、そう言った事も視野に入れるべきではなかったか。
私は受け手にとても不親切だったのかも知れない。
そもそも参加する「場」が自分の作風と合っていないのかも知れない。
(だけれど、私は邦楽でも洋楽でもクラシックでも太鼓でも三味線でもなんでも、音を元にモノを作るのが大好きなので、場違いだとは思いたくない)


見せ方、客のニーズ。
色んな物を、自分のスタンスを一からひっくり返して考え直さなければならないとも思った。
8月も参加しようと考えているのだが、これまでのやり方ではダメだ、ポストカードとか何か販売物でも用意しようか、と悩んだ。

だがしかし、よく考えれば私はもともと小物を売りたくて始めたのではない…。
同人誌即売会やフリーマーケットように、売ることを中心に考えて作ってきたわけではないんだ…。
もちろん、請われれば作品を売りたいし、手にして喜んでもらえるのは嬉しい。
だけれど、それらは簡単に生み出されたモノではなく、やはり作品は自身と同じようなモノで、ポストカードのように100円や200円では売りたくない。
私の魂を、切り刻んで作っている。
受け手がどう思おうと、それだけは譲れないのだ。
私の最終目的はもっと違うところにある…


ここまで来て私は考えた。
「楽しむ」と言うことは、「買って楽しむ」と言うだけではない「眺めて楽しむ」「眺めて想像して楽しむ」ということもあって良いのではないのか?
そこまで客に要求するのは傲慢なのだろうか?
だけれど、アートというものははやりお店屋さんではないのだから、(市場とはまた別の意味で)見る側にそういう心もあって欲しい、とも思う。


課題は山積している。
もうだらだらと展示するだけのままで良いとも思っていない。
もっとビジネスライクに行きたいとすら思う。
何らかの形で商業ベースに載せられれば。
「何らかの形で」?
私はいつもこの言葉を使ってしまう。
輪郭がはっきりしない、目的がぼやけているから、何にも形にならないのだ。
だけど、だからこそ私はラインを美しくはっきりと描く「切り絵」に惹かれているのかも知れない…。
ここで倒れるか、踏みとどまるか、火事場のバカ力で前進できるか。
それで私という人間の価値が決まる。


そうそう。ライブはもちろん再考、ではなく最高でした!!
どのバンドも聴き応え十分!
OLDのファンになってしまい、翌日CDを買いに出かけました。
king

[ 2005/07/18 05:41 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)

その時神が降りてきた 

もともとどちらかというと期限に追われながら制作をすることに快感を覚えてしまうタイプだったのだけど、今回も何かが降りてくるまでじっと待っていて、そしてそれはくそ忙しい時に降りてきました。
何も今やらなくてもいいのに引っ越し準備のどさくさ、そして夫が出張に行っているどさくさに紛れて新作を作っていたのです…。(笑)

それは1月頃のこと、ある方のサイトの日記に書かれた詩がとても印象に残りました。
私の中ではなんだかちょっとショッキングな、語りかけてくるような詩。
色々情景がうかんで、その日以来頭から離れませんでした…。
それに併せて一つ切り絵を作ってみたいと考えていたのですが、どうにも自分から「作っていいデスか」と切り出すには図々しいし恥ずかしい、おこがましい、そして作者のイメージしているものを壊すような事になってもまずいし、とウジウジ考えていたのですが、先日何を血迷ったか風呂に入っている時「申し出てみよう!!」と急に思い立ち、その方にメールを送ったのでした。
快く返事をいただけたので、それから数日後夫が出張に出た日から(笑)制作を開始。
そんな過程を経て、新作「罪に与えられる罰」は生まれました。
物語に併せた作品を作ると言うことは、いろんな物に挑戦してみたいと思うけれど闇雲に挿絵をあてたいわけではない。
まして、自分以外の誰かの中にあるイメージを表現するのは、本当に難しいことだと改めて思いました。
ああ、でもうれしい。
まだまだ修行は足りないけれど、また誰かの「言葉」に突き動かされたときは素直に申し出てみよう。
私は文字に表すのは苦手な人間なので、詩や小説で心を動かせる人は本当にすごいと感じているのだ。


で、ついでといってはナンですが、トップも微妙に更新。
多分あまり気づかれないと思うのですが、メニューを囲っている切り絵の中の赤い部分にその時点での最新作を透過できるようにしてみました。
……あんまり意味ないなあ…(苦笑)0519.jpg

[ 2005/05/19 23:59 ] 制作に関する事 | TB(0) | CM(0)