スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙から浦島太郎が見たふるさと 

また日がずれ込んでいますが書いておこう。

この日は私の実家へ行ってきた。
こんなに近いのにそんなにマメに行かなくても良いんだけど、寂しがるんだよなー、父さん母さん。
父ちゃんなんて行くと喜ぶのが良く分かる。
家族が一人増えて、嬉しいんだな。
男の子ができたみたいで、話し相手ができて。
お金では何もしてあげられなかった分、ホントは私も喜ばせてあげたいと思う。

実家へ行く前に、東にあるリサイクルショップまで足をのばしたのだけれど、すごく広い道路があるところにでた。
バカみたいに広い中央分離帯、バカみたいに広い3車線。
初めて見る場所だった。
なんか札幌のはずれに来たみたいな気がするぞ…!?
「帯広も東に来るとこんな未知な場所があるんだなあ」と、流石に元帯広人の自分にも知らなかった道路だった、と思った。

所が、あとで父親に話すとそこはかつて私の伯父が住んでいた近くで、私も良く知っていた道路だと知らされた!!!
「あのスーパーとか教会とか、保育園もあったべ?あそこだ」
ああ!ああ!いちいち最も、言われれば何となくそんな地形だった!
たった10年やそこらの間に、私のふるさとはやはり驚くべき変化を遂げていたのだ。
しかしあそこまで変わっていたなんて…。
気分は浦島太郎か、はたまた宇宙旅行を長時間して帰ってきた感じだ……。

父親もよく話すけど、父が20歳だった頃から比べれば、自動車なんてこんなに誰もが乗る時代が来るとも思わなかったし、建物も道路も、全く予想外に、驚くべき早さで変わったという。
私があと40年、70歳になった頃には、ひょっとして車が空飛んでたりするのだろうか。
そんなばかな、と思っても、実は予想外に早く世界は変化していく物だ。
それが良い事か悪い事かどうかは、解らないけれど…。
だけど、こんなに哀しいのはどうしてだろう?



ひゃー。
しかしこのままではまた日記ではなく昨日記、先日記になってしまう…。
しかしなぜそこまでして必死に遅れを取り戻そうとしているのか。
謎だ。0424.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/04/24 23:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/23-295640db





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。