スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いきなりグループ展!? 

御無沙汰でッっす
体調がグダグダな所へ持ってきて身内が入院したりして帰省したりと慌ただしい日を送っておりました…でももうすぐおちつくかな??


というわけで
毎度おなじみ画廊喫茶チャオで本日よりいきなりグループ展が始まります!
いきなり決まったこの企画、いいだしっぺのママも全く想像できない状態だったので
『グループ「!?」展』
になりました!!(笑)なんて発音したらいいの!?
年齢もジャンルもバラバラの4人、どうなる事やら…
ところが意外とスッキリ、よくまとまって展示されたような…気がします(笑)写真とってくるの忘れちゃった~

********************************
■グループ「!?」展
6/20(金)~7/2(水)
画廊喫茶チャオ(札幌市北区北24条西4丁目モンレーブビル3階)TEL (011)736-3434
営業時間 11:00~22:00/定休日 第1、第3日曜
・広地登志子(油彩)
・岡田 玲子(アクリル)
・松本 弥雪(色鉛筆)
・久藤エリコ(切り絵)
色んなジャンルが集まって、楽しい?空間になってイマス!

★6/21(土)は20:00より「さっぽろキャンドルナイトinチャオ」も行われます!山岸育美さんの歌声を聴きながらろうそくの灯りでスローな夜を…ぜひお越し下さいませ!!
ワンドリンク付¥2000

********************************


とりあえず私は旧作ばかりですが、なるべく何度も出してないものを持っていったつもりです…が(笑)
「妖炎」は先日の4プラ妖怪展に出した、無駄に耽美な鬼、我が家では映画コンスタンティンの‘いかにも’なガブリエルから「ガブちゃん」と呼ばれています。
新道展O林さんには4作とも私のだって言ったら「嘘だあ!」とやたら連呼された(笑)でも昔より最近の方がイイって言う意味らしくちょっと安堵…やっぱりどこが悪かったのか、今なら良く分かる。色が喧嘩してるんだ、考え無しに色を置いていたから(札幌に来て、色んな人からお話を頂くとそう言う意味では本当に為になる)でもまあその時代あって今があるからいいのかな…(笑)
「WARLD(2001)」「夏の名残(2003)」「幻影の二人(2005)」「妖炎(2008)」の4作です。
スポンサーサイト
[ 2008/06/20 21:17 ] アート | TB(0) | CM(2)

こんにちは

こんにちはエリコさん。
日記「総括」の一番下の作品に惹きつけられます。
やっぱりエリコさんの切り絵はいいなぁと思ってしまう。
色が綺麗な色だというのもそうだけど、線というのかラインのつながりがとても美しいなと改めて思います。
また作品を生で拝見したいです。

先日はお返事ありがとうございました。
ミクシィでメッセージを送るといっておきながら、結局送らなかったりして。w。
その後の日記を見て、エリコさんはやっぱり悩みもせずに「絵が純粋に好きだ」とか言える人間じゃないんだなぁと思いました。
この間まで私も悩んで絵が描けなかったんですけど、最近自分の絵もそれなりにいいなって思えるようになってきました。
そこに甘えたらダメなんでしょうけど、今の自分もOKなんだなぁって、なんていうんだろう、自分を許せるようになってきたというのか。
そしたらまた描けるようになってきました☆

ライブカッティングの話ですが、私もライブペインティングというのをやってみたいですね。
ガシガシ描くというのもすごく楽しそうな気がします。

でもとりあえずしばらくは修行僧のような日々を送ることでしょうw。
デザインフェスタに出て作品を発表する以前の問題なんだなと分かったので、まずはリハビリをしたいと思っています。

長くなってしまいました。

また来ます☆

グループ展が良い展覧会になりますように・・・。
                     由宇紗
[ 2008/07/05 14:07 ] [ 編集 ]

無事おわりました(^^ゞ

お疲れ様です、グループ展はあらあらといううちに終わりました!(笑)mixiにばかり顛末を書いてしまうので、こちらをご覧になってる方にはどうなっているのやら、ですよね…!マメな更新しないで申し訳ないです…!
変なところで白黒つけたがる気性なので、0か100かで決めてしまうところがあります。(勿論自分だけの絵についてですが)なので中途半端に上手いだけじゃないか、とか、悶々とするときはありますね…うん、自分の切り絵が好きだと思うこともあるんですけど(笑)
「ライブ」はやっぱりこまでいってもパフォーマンス的要素があると思うのです。「実演」とは微妙に違うと思ったりします。私の場合は、自分で言うのも恥ずかしいですが(笑)曲線を切る時の自分の姿勢・動きなんかも要素に入っていると思います。「ダンスのようだ」と言って下さった方もいたので…意識はしてないで切っていたのですが、なるほど、と思いました。「ライブペインティング」で言うなら。小さな紙に描くのと違うダイナミックさが面白いところですものね。
とりあえず、色々見たり参加してみても良いと思います、世界が広がっていくととても勉強になりますしね!
のんびりと構えましょう、私もそうでなくちゃなあ…(笑)
[ 2008/07/11 18:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/217-aa1fe011





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。