スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意志の弱さと腹黒さ 

昨日の日記を振り返る所から始まる。
ひょっとしたら私がよく見ていないだけで、本当はすごい美麗なジャケットだったのかも知れない(いや、実際5分程にらめっこしてたんだけど…)、もう一度確かめに行った方がイイだろうかと思い出してしまう当たり、いっつも自分の考えに何処か逃げ腰なんだよなあ。
もっとさあ、人が否定しても頑として譲らないくらいになれよ。
腹立ってくるぞ、いい加減自分のこういうところ。
こんなんじゃ通り魔にあっても最後は「私も悪かった」とか言ってしまいそうだろ。

実は以前一人で暮らしていたとき、同じアパートに2回不法侵入されたことがあるのだけれど、どうも自分の見に起きたことだと、あんまり深く考えない(良い方に解釈してしまう)傾向にある。
1度目は、裏のコンビニに一瞬買い物に行くだけだからと思い鍵をかけないで出てしまった時のこと。
数分後帰宅すると見慣れぬ靴。
なんじゃ!?と思い中にはいると脱衣場の洗濯機の所に隣の男が立っていた…。
男は平謝りに出ていくが言い訳をしていた。
「ステレオがうるさかったんで言いに来たら鍵が開いていたんで…」と。
なるほど、留守なのに鍵が開いていたら不審に思うわな。
“ひょっとしたら中で殺されてるのかも!?”とか思って調べに入ってくれたのかも…

しかしどう考えてもステレオはウチは大音量で聴きはしないし、前日など帰省の準備でステレオなんかつけちゃいなかった。
おかしいと思う点もあるけれど、自分が悪いような気がして「そんなに音うるさいですか…」とその後自ら聞かずにいられなかった。
2度目はたまたま調子が悪く会社を休み、昼間ベッドで横になっていた時。
ガチャガチャと鍵を開ける音がし、どたどたと男が入ってきた…。
寝ていたのでベッドからは白ジャージの足くらいしか見えなかったけど奴は私がいることに気づいたからか、すぐ出ていった。
これもかなりびびった。
……だがそれも自分が前日鍵をかけ忘れたて、隣の人でも間違えて入ってきたんだろうか、とか考えて落ち着かせた。
しかし6時間程後、流石に気味悪くなり警察を呼んだがもう今更で、大家に話し鍵をもう一個つけてもらったわけだが。
(しかし大家によると、引越の度鍵は替えていなかったらしいので、もしかしたら前の住人なのかも知れない)

本当は、誰もが言うように危険な話なのだけど、頭では解っていてもどーしても自分が悪いような気にしてしまう。
なんでだろうな。
流石に自分でもイライラするというかむかつくんだよな。
腹の中でも「なんだよ!ばかにしやがって!」とか「そりゃ違うだろ!」とか思っても、会話では自分が一番バカで間違ってる様な方向に持っていってしまう。
性格悪いよな。ホントに。最悪。


だけど自分の周りの人間やネコを傷つける奴には容赦しない。
ウチのネコ虐待とかして見ろ。
棘バット持って殴りに行ってやるぞ、まじめな話。0422.jpg

スポンサーサイト
[ 2005/04/22 23:41 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

結局

悪いのは鍵を掛け忘れてた自分なんですけどね。
反省隊\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/参上
でも私の場合当時は絶対自分の非を認めたくない症候群だったんで、
思いっきり相手を悪者扱いする事で納得してました。
でもまぁ…この記事の場合入ってきた奴が圧倒的に悪いと思いますけども。
[ 2005/04/23 09:48 ] [ 編集 ]

こえ~!!こえ~よ~!

間違いなく鍵をかけてないのは危険です(笑)
田舎だったこともあり、真裏のコンビニだったし、と油断しまくっていたのかも知れないです。
どちらにしろこーゆー問題は納得したらいかんのかも知れません(笑)
でもLYNさん、ナイフってそれ相当ヤバイよ~!!!
都会はイヤ~!!
[ 2005/04/24 13:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/20-1855f7b6


施錠注意報

今はオートロック付じゃなきゃ嫌ってなくらい鍵に関しては神経質になっている私ですが、10代の頃は鍵なんてもう・・・しっちゃかめっちゃかでした。今なんてちょっとコンビニ行くだけでもしっかり鍵かけて行くけれど、昔は1日出かけている間も鍵なんてかけないで出かけたり
[2005/04/23 09:42] URL POTENT DRUG



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。