スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

連チャン搬入! 

21(月)は地下鉄琴似の搬入。旧作ばかりとはいえ、プロフィール作成やフレームの確認など、下準備に無駄に時間がかかってしまいましたがなんとか無事搬入終えました!!
しかしなんだあの雪は!!!(笑)私が家出るとたいがい雪・雨が降る気がする…!
結構高さ・幅があるのでもっともってっても良かったなあと思いましたが重くてもう無理です…(笑) ピンで吊す形なので、あまり重い額装の物は不向き。昔は貧乏でパズル用のスチール額を使っていたので、こちらの展示には急ごしらえという意味もあって、旧作向きだったのかも知れません。
地下鉄琴似メトロギャラリーに2月22日まで展示させて頂いてます!!
古い物ばかりでお恥ずかしいですが見て頂けると幸いです。
Image452.jpg
Image453.jpg



で、おっつけ文学館の方の搬入があって、奇跡的に(笑)作品が仕上がりました!!(笑)
私は押してしまって夕方に入って、夜中12時半には流石に引き上げてしまいました~!!最後までお手伝いできなくて申し訳ない~!!
いや~けっこういい感じのスペースになっています!(^-^)文学館の一角でそう広いスペースではないのですが、のんびり腰掛けて見て頂ければ幸い。雪の紋切りが文学館のあちこちに密かにあるのですよ。探して回るのも面白いかも。有料なのですが、もし良かったら覗いてみてください!十勝ゆかりの作家それぞれの雪と風の器を覗くことができます。
普段行く機会のあまりない文学館、私も恥ずかしながら知りませんでしたが、(前回搬出のお手伝いして初めて知った)ここ色々勉強になります…!!文学からほど遠い自分が恥ずかしくなります(笑)

■田園都市のコンテンポラリーアート「雪と風の器」
・札幌会場
北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1番4号)電話:011-511-7655

●会期:2008年1月24日(木)~2月3日(日)※月曜休館
9:30から17:00まで(入館は16:30までです)
●料金:一般500円 高大生300円 中学生以下65歳以上無料
●参加作家:池田緑・久藤エリコ・佐野由美子・高坂光尚・高田K子・山田良

わたしは作品自体はいつもとあまり変わりませんが、器=人間、雪と風の中での人のイメージです。
Image456.jpg
Image459.jpg
Image461.jpg




つうかもう限界。目が開けてられない。眠すぎる!!そしてさすがに中指のナイフだこが痛いのが治らない(笑)カッターマットもかなり限界、まだ古くないんだけど…殆ど表面がえぐれちゃって、刃先が滑り出してきた気がする。買い換えないとダメかあ。
とにかくもー寝ます!!!
明日からはちゃんとご飯、も正しく食べよう!!眠い!とりあえず明日だけ休む~!(笑)明後日から個展の準備も再開せねば!!
ああ私この調子じゃ長生きできねえなあ(笑)合併症も時間の問題か…(笑)
スポンサーサイト
[ 2008/01/24 20:15 ] アート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/194-cb1777c0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。