スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京1日目 

前日のライブに気を取られ、東京での行程は全く予定を立てていなかった。かろうじて新千歳までの空港直結バスの時間、羽田から新宿までの道のりだけ調べた。あとはどうにかなるだろう。初めての一人東京、実際東京自体全く行ったこともないのに等しい。自分にこんなにくそ度胸があるとは思わなかった。札幌来てから変わったのかしら。

新千歳空港はとても広かった。空港のフードコートで軽いお昼をとって、搭乗時間を待つ。Gかんさんから水道一件落着の電話とゆきねこちゃんから電話をもらい、緊張もほぐれる。
飛行機は実に20年近く乗ってないが、あまりおっかなくもなかった。札幌-東京が1時間半で着いてしまうなんて、嬉しい様な物足りない様な。疲れですっかり寝てしまったので、目覚めた頃に到着した。
羽田からはモノレールで浜松町で降り、JRで新宿へ向かった。モノレールからの景色は、ああ、東京へ来たんだなあと札幌とも違う景色の中ぼんやり考える。しかし、会場はよく考えたら五軒町。新宿と言っても広うございますよあなた。
会場名も「神楽坂DIE PRATZE」だけど住所は神楽坂でなくて五軒町。明日は~どっちだ~♪
とりあえず飯田橋で下車、ウチのサイトを良く見に来てくださる由宇紗さんと会うことになっていたので、待ち合わせ。(時間がなくてごめんなさい!短時間でしたがお付き合い下さりありがとうございました!)そこから会場まで近いけどタクシーを利用した。(タクシーのナビは会場の電話番号入れたら一発で判るのね!)

仄暗い会場。ああ、来ちゃったんだ。ここが神楽坂DIE PRATZE。真っ暗な壁、重い空気。そして幻想世界が並ぶ。
ああ。ああ。レベルの違いをまざまざと見せつけられた。でも覚悟はしていたせいか、不思議とショックがない…。
見るものどれも素敵で、私が大好きな世界。そっちを見るのに一生懸命、自分の作品が印象薄くっても全然平気。だって私は身の丈を知ってる。はずかしげもなくいえてしまう、「勉強に来たんです」
そう、このための度胸だ。外の世界はどこまで広いか、どんな人がいるか。私はもっと知らなくては。そして誰にも影響されない。そんな世界を作りたい。
主催LUNEさんとはお会いできなかったけれど、LOVEさんはじめ会場にいた何人かの方にお話が聞けて、とても良かった。すごく楽しかった!この手の世界は好みはあるだろうけど、どの作品も妥協がない。揺るぎない世界観がある。まだまだだなあ私。コレで良いなんて思っちゃ全然ダメだな。
(会場の写真は結局撮れずじまい。作品が載ってるカタログがチャオにありますので、良かったら見てみて下さい)
■第3回ベラドンナ展公募 GIRLS ART
*会期:10/19(金)~27(土)14:00~19:00(B会期)
*神楽坂DIE PRATZE-カグラザカ ディプラッツ-(東京都新宿区西五軒町2-12) 
*公式サイトhttp://belladonna-art.jp/


閉場時間をすっかりすぎてしまい会場をあとに。
その後マイミクアスカさんとお食事に!vvv10年も経ってそろそろ切れそうな縁なのに相変わらず覚えていてくださってありがとうございます…!!
何だかんだと8時くらいにお店に入ったら12時を回っていた(笑)
泊まるホテルは歌舞伎町……デンジャラス。とりあえずその夜はアスカさんがホテル前まで送ってくれました…!明日は一人で帰って来なきゃ!(´Д`;)

2日目はギャラリー巡りをしようと考えていたが伯父一家と昼ご飯を食べるハメに…果たして私の時間はとれるのだろうか…(--;)
予定を立てながらまたも疲れてお休み前のインスリンも忘れ寝てしまう。
果たして明日早く起きれるのか!

写真1:東京メトロで迷える子羊のポスター、超カワイイ!
写真2:事故防止の設備、札幌も早くコレが出来るといいのに。
写真3:何でも試してみようとホテルの販売機で800円もするおでんを購入、ボリュームあって案外美味しかった(笑)
Image331.jpg


Image309.jpg

Image308.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/10/24 22:06 ] アート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/176-232f018b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。