スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

打たれ弱い私 


色々と凹んでいたので体調に来てしまった、心底情けない人間です。嘲笑って下さい。この気概の無さを。治るかとだましだましおいておいたのですが今日はしびれ切らして病院へ行きました。いつもの通院に今月は眼底出血の検査もしたから医療費に2万もかかってしまった…。ぐすん。ただのカゼだろうからほっとけば治るんだけど、私まだ保険に入れないからガンとかだと何の保障もないと夫に早く行けと脅されました。
だるい。頭が重い。でもやることはやんなきゃーもう大して日がない。

今日無事に十勝毎日新聞様に載せて頂けたようです。大きくないから気付かれてないと思われますが…。
実は先日取材のために街へ出ようとして、34条駅で人身事故に出くわしました。多いのは知っていたけれど、まさここんな身近で起こるとは思いませんでした。
事故直後に駅に着いたので詳しくは判りませんが、泣いている子もいて騒然としていました。まさしく直後だったようで。
ストレッチャーがホームから上に運ばれたときはもう既に30分以上経っており、まだ息があるならすぐにも運ぶのだろうに。
頭から毛布を掛けられて、白い靴下の足だけが見えた。
目の前を通り過ぎた、運ばれていく人の身体。もはや急いで運ぶという感じではなかった…
やはり息はなかったのだろうか。
事故だったのだろうか?でも人通りもたいして多くない昼の34条駅で事故なんてあり得るのだろうか?
もし、自ら降りたのだとしたら…
つい先程まで歩いていた人がここで命を今絶ったのだとしたら。なんてあっけないのだろう…。今運ばれてきたのは人なのか身体なのか
さっきまであなたの世界はあなただけのものだったのに。今もう何もなくなった。
そしてそこは、数時間後には何事もなかったかのように日常が繰り返されるだけなんだ。

何があったのかはわからないけれど、どれ程苦しいことがあったのかも知れないけれど。
ここで命を無くしたって誰も同情なんてしてくれないんだよ。
迷惑にしかならないんだ。本当に切ないことだけれど。
でも、どこで死んだって、自分で全てを無くしたら何も良いことなんかないんだ…
だからせめて、下へ降りる前に、もう一度地下鉄に乗ってから、よく考え直して欲しいよ。


あの日以来どうにも微熱が下がらなくて、ちょっとショックを受けてたみたい。本当に打たれ弱いのね私。ばかだ。事故の瞬間を目撃したわけでもないのに。なんだかね、凄く悲しかったんだ。


スポンサーサイト
[ 2007/07/26 18:29 ] 社会 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/02 23:07 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/08/03 00:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/160-de6b59d4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。