スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

求めていた世界はここなのか? 


写真家のNさんにお誘い頂いていた「マリ☆ナイト」。以前初めてお会いしたときに(笑)私が実は緊縛に興味があると言ったことから色々な興味がありそうなイベントを教えてくださってます。(笑)(私が縛られたいわけじゃないよ!なんつううかなあ、その「縛」という行為、ビジュアル、世界観、色々な部分に興味があるのね…いや、もし自分が完全な美しい肉体だったら縛られるのも悪くないか(笑)縛るってのも相当技術とセンスがいるのよ)
コンテンポラリーダンスと墨絵、ボディーペインティング?
どんなものかと凄く興味があった。もともとアートにはとんと無知な私。干上がった川みたいに浅い知識しかないのでぼんやりとしか思い浮かばない(笑)
フットワークが劇的に重い私にしては妙な興奮。予感?
よくよくダンサーのお名前を見ると…あれ、CHAOSにも似た名前が??同一人物…??これは何かの運命だ!(笑)
「ラグリグラ劇場」
居酒屋の2階に構えられた、真っ黒な小さな空間。
ダンサー・福村慎里子の肉体が一瞬一瞬の躍動で物語を紡いでいく。
墨絵画家・杉吉貢が彼女の体に筆で緑の模様を描いてゆく。一筆、一筆、彼女の肌を滑るたび、水たまりに雫が落ちるようににぴくんぴくんとからだがはねる。
筆と肉体の妖しい動き…。
最後の一筆が赤で胸に一筋の線を描いた。
その瞬間、静まりかえっていた空間に大きく音楽が流れた。
反射だけで動いていたような彼女の動きが、突然が命を吹き込まれたように意志を持って動き出す!

鎖骨が、肩胛骨が、背のラインが、ふくらはぎが、指先が、何という動き!人の体はこうも美しい物だったのか!!
一瞬たりとて同じ動きがない!
気付けばほぼ全裸なのだが、これはもう「裸」ではなく「肉体」だ。人間の筋肉はこうも美しく動くのかと、彼女の肉体から目が離せなかった。「何か」が降りてきているような気がして、気付けば私は拳を握りしめていた。
余り凝視しすぎて、終わった頃は胃に激痛がしていたのだけど…(笑)

終演後、どさくさに紛れて福村さんに挨拶をさせて頂いた。昨夜Nさんがダメ元で直接福村さんに電話して予約を入れてくれた御礼と、CHAOSでご一緒させて頂くことになることと、何より今夜の感想……。でも相変わらず緊張してどもってろくに話もできず。それでもよかった。すごく良い時間だった…。
次もまた必ず行こう。


見つめながら、ぼんやりと昔好きだった女の体を思い出していた。彼女もこんな線の細いからだをしていたっけな…二の腕の筋が、淡い記憶をよみがえらせた。
あの頃の彼女も、私も、今はもういない。

スポンサーサイト
[ 2006/10/06 01:28 ] アート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/130-fb6d8d5f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。