スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もう、作ることに迷いはない  

閉店の日。この店を愛した人達が、オーナー夫妻に会いに来た人々がひしめき合っていた。本当に今日終わるのだろうか?なんだか終わりのような気もしなかった。
打ち合わせなどほとんどしなかった。とりあえずマサシさんの横で床で切ることに。マットの変わりにデスクマットを購入した。道具はなんとかなったけど。
金曜からずっと眠れなかった。ここしばらく動悸がひどかったのが金曜以来、悪化した。興奮と緊張でつま先から指の先までドクドクと脈打つのがうるさい。身体中どこもかしこも心臓があるみたいだ。苦しかった。
以前狭心症だった父から、メディトランスニトロをもらい胸に貼って臨んだ。だけれどもう、床に座ったとたん緊張は何処かへ行ってしまった。あんなにうるさかった心臓もどこへ?やれそうな気がする。

22時。演奏が始まった。
一心不乱だった。
30分…。
黒い紙と格闘した。
本当にこれで全てが終わっても良いとさえ思った…
あのリズムが、まだ耳に残っている。

顔を上げてお辞儀をした。
勘違いでもいい。あの拍手の海はきっと嘘じゃない。だってこの日はパチャールのための、マサシさんの演奏を聴きに来た為の人達が集まっただけで、私は全くの珍客なはずだ。突然のカッティングにウエルカムで暖かい拍手をくれた。喜んでもらえたらしい。
言い過ぎかも知れないが、これはマスターベーションがセックスに変った瞬間だ。
これまで私がやったライブカッティングは、進化してはいたかも知れないが、時間ばかりかかってダイナミックさにかけていた。そして何より、見る側を考慮しない、ひとりよがりで終わっていたのだ。
今回は違う。ジンベのリズムと伴奏、天上をゆっくり回る小さなミラーボール、時々たかれるカメラのフラッシュ、息を詰める観客。全てがこのパチャールという空間で交わり会う。一人ではできない。他者がいなければ成り立たない。交わることを表して。私は『パチャール(恋人)の夜』と名付けた。
「癒される」とも言ってくれる人もいた。色んな人が欲しそうだったけど、値段なんて、やっぱりつけられないよ。
私は終了後、絶賛してくれたHさんに興奮のあまり、「Hさん、これはセックスですよ!」と口走った。彼も「全くその通りだ!」と同じく感激しながら答えてくれた。彼は私をしきりにダンサーのようだったと表してくれた。
もう、マサシさんにはただただ御礼を言い続けることしかできなかった。新しい試みに喜んでいてくれてたみたいだけど、私は自分が喜んでるので精一杯。
個展を何回分やってもこんなのは無理だ。
何人かの人がカメラやビデオに撮っていたみたいだが私はデジカメも何も持って来なかった。
記録にこそ残せなかったけれど、これは私だけの胸に永遠に残る。
本当に、生きていて良かった。死にたいなんて、何で思ったんだろう。私、できることがあったよ。もうホントに大丈夫だ。まっすぐ歩ける。何をすべきか見つかった。誰にも合わせなんてしない。自分の作りたい物しか作らない。
パチャール、本当にありがとう。もう、まだオーナーに頭を下げていたい。ずっと御礼を言っていたい。マサシさんにも、私の分岐をくれたあのリズムはずっと忘れない。やっぱりこれは終わりじゃない。始まりだったんだ。

mixi上でエールをくれた皆さん、日曜深夜の列車を調べてくれた来海さん、みんなに声かけて気遣ってくれた愛野さん、翌日仕事なのにつき合ってくれた穂高さん、mixiやってないけどデスクマットの案を出してくれたN保さん。そして私の歴史的瞬間に最後まで立ち会ってくれた、共有してくれた鷹也さん。本当にありがとう。

06-06-25_20-30.jpg
tenai.jpg
cutting.jpg

スポンサーサイト
[ 2006/06/28 01:59 ] アート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackline.blog6.fc2.com/tb.php/109-561dff5d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。